スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2009年06月23日

2007年5月29日の拉致事件

再び中東に。
ホテルでTVを見てたら、2007年5月29日に拉致された5人のイギリス人
の内2人の遺体がイギリス当局に引き渡されたとのニュースが流れてた。
この事件は発生当初からモニタリングしていたので、ニュースを
聞いてショックを受けた。

現在、イラク国内ではテログループによる誘拐・拉致などは比較的に少なくってはい
る。しかし数年前に拉致されてまだ解放されてない人達も数多くいる。
その中の2人であった。

発生当初はSASの隊員がイラクに入り救出活動をおこなうとしたが、結局は人質
達の居る位置を特定出来ずに終わっていた。。。。

彼らはカナダの民間警護会社の英国人オペレーター達であり、警護中にバグダッド市内のイラク財務省前から拉致された。

拉致現場


残りの人質が無事に帰還することを祈るのみだ・・・・。


  


Posted by Tim  at 02:46Comments(0)

2009年03月21日

John Connor 装備 続き・・

何か前回記事がかなり反響あり、追加。

と言っても新しいニュースはないんですが、
Hot Toysが今年の夏に販売する1/6の
フィギュアがかなり装備をチェックするのに
参考になるかと。


ネットで検索するともっと詳細な写真
見つけられるかと思います。
このフィギュア、かなり激似で、
Detail細かいです。
ちょっと顔が既に販売されている
ベッカムにも似ている感が(流用か?)。





そうそう、上着のボマーは、ミリタリー系メーカーでのはなく、
J. Crewが数年前のFall/Winterシーズンに販売してた
ものらしいです。
確か日本からはJ. Crew撤退したと思いますが、
ご興味ある方は是非探してみてください。

フォアアームに装着しているタクティカル
ホールディング・ナイフは何でしょうね~?
どっかで見た気がするんですけど、
思い出しません。。
あのKydex Sheathのスタイルはどっかで・・・。
あ~思い出せない。。。。

隣の黒人兵士がKa-bar使っているのが、ちょっと時代遅れながら渋い。
海兵隊出身の役柄(苦笑)?
まぁ、Once a Marine, always a Marine.ですからね。

  


Posted by Tim  at 04:59Comments(0)

2009年03月19日

"Human Resistance”装備

中東生活もすっかり長くなってしまいました。
中東諸国を行き来し、Blogネタになりそうな話
はいっぱいあるのだが、
やはり業務上Restrictionの関係で書けない
事ばかり・・・・・。

では話せる内容を!
日本に限らず、世界各国不況ではありますが、
PMCの日給にはそれほど不況感は感じられません。
ヨーロッパの某PMC会社のヨーロッパ系+米国人
オペレーターの平均日給は現在1800ドルくらいです。
勿論、それなりの軍歴がある方の平均日給ですが。
特殊系の方々は任務内容によっては、
それ以上貰っていますね。

では、ローカルのオペレーター、
つまりイラク人のオペレーターの日給はHow much?

200ドル前後ですかね~。
任務によっては120ドルってのもざらです。
輸送警護でThreat Levelが低いエリアですと
米国orヨーロッパ系チームリーダーが1人に
残りはローカルってのは多いですね。


話は変わって、春にターミネーターの新作ですが。。。
予告編を見てて、レジスタンスのリーダーである
ジョン・コナーの装備にすっかり釘付けになってしまいました。




HK416に9インチぐらいのフリーフロート・レールですかね。
SurefireはM600かな。
XM-26 LSSらしくものをつけてますね。。。
ジャケットはボマータイプの皮ジャン、パンツは
最初Crye Precisionのかと思ったんですが、
Knee Padが違いますね。
恐らくタイガーにUR TacticalのKnee Padを
取り付けたもの、もしくはURに別注で
頼んだのかもしれません。
ブーツはレースをファスナーに変えた
OakleyのSI Assault Boots。。8inchかな?
要はBoot用Zip-Upを取り付けたもの。

Body harness,Radio Pouch, Magazine Pouch,
Drop leg panelその他装備色々気になるとこですが、
どなたか分かったら教えてくださいね。



  


Posted by Tim  at 03:57Comments(1)

2009年02月03日

米軍第5特殊部隊 アフガニスタン チーム・キャップ

先日、会った米国人の友人が被っていたこのキャップ





日本の業者さんはコントラクターキャップとかキラーキャップとか、
購買意欲向上させるため、かっちょいい言い方するが、
要はベースボールキャップ・・・・。

で、写真のこの人物、
この方が知り合いではない。

この方は昨年、アフガニスタンのヘルマンド地域から
帰国された英国のハリー皇太子。
(この人が知り合いだったら、私の人生もっと豊かであろう・・・。)

キャップの後ろには、
"WE DO BAD THINGS TO BAD PEOPLE"
と書かれています。
まぁちょっとトッポイ(死語?)感じで訳すと
『俺達、悪い連中にはそれ相応のことをするぜ!』


このキャップはハリー皇太子がアフガン駐留の
米軍特殊部隊員から貰ったものらしく、
英国では一時期この帽子が何処メーカーの製品か話題になったようです。
実際にはメーカー品ではなく、隊員が特注で作らした物。
(実はカモテックとかで作らせていそうですが・・・)


ちなみに人気に便乗し、タクティカルテイラーがレプリカ作ってます。


この"WE DO BAD THINGS TO BAD PEOPLE"というスローガン、
米軍の中では5th SFGA の隊員が非公式ながら、部隊内のスローガンとして使っています。

このスローガン、個人的にも結構好きですね。

日本の某業者さんとかがTシャツとかパッチとかに入れそうな感じが(苦笑)。












  


Posted by Tim  at 19:03Comments(0)

2009年02月02日

CQC トレーニング用

最近、見かけた欲しいもの。。。。




日本の業者も官庁向けに昨年くらいから販売促進しているが、
既に海外の警察や軍の特殊部隊ではトレーニングで使用している代物。。

イメージ的にはスタン・ナイフっていったとこだが、
相手昏倒されるようなVolotageは流れません。
とはいえ、当たると結構しびれて痛い。。。。
痛みなくしては習得出来ないナイフ技術の向上には最適です。
まぁ練習に痛みが絶対的にないといけない訳ではないけど・・・・。
とはいえ、練習で辛い痛い苦しい分、実戦で流す血と汗は少ないんで。。。

  


Posted by Tim  at 18:37Comments(0)

2009年01月15日

シューティング・シュミレーター挑戦!

ドバイ滞在中に初めてシューティング・シュミレーターなるものを経験した。





シュミレーターの反応もアキュレシーもなかなか良い、一家に一台欲しいとこだ。
  


Posted by Tim  at 19:16Comments(0)

2009年01月14日

CQCトレーニング

ドバイ滞在中にKaliのインストラクターと知り合った。
この人物は以前、フィリピン軍のCQCインストラクターをしており、米海兵隊にもCQC技術を教えた経験があるとの事。

せっかくなので滞在期間中にKaliの技術とナイフ・ファイティングの個人レッスンを3回程受けてきた。

1回2時間近くの個人レッスンであったが、毎回身体ボロボロ状態に。。。

徒手格闘の技術、さらにはナイフ技術も今までそれなり経験してきたが、今回ばかりは勝手が違った。
ナイフテクニックのレベルが違い過ぎる。。。。
何十回、いや何百回以上はダミーナイフで刺され、切られた。
ダミーナイフと言ってもラバー製とかいう可愛いものではなく、ナイフの刃をつぶした物。
勿論、金属製が故に手の甲、手首にぶつかる衝撃はかなり。。。。痛い。。。
更に長時間の間Kaliスティックとダミーナイフを振り回してて手の皮がべろっと剥けた。



そのインストラクター曰く、『ラバーナイフで対人練習しても痛みがないから覚えない。てっとり早く肉体に技術を覚えさせるには痛みが一番!』との事。
確かにそれは言えている。
過去に行った特殊学校の殆どが肉体的にシビアな状況に追い込んで技術を教えていたし。
とはいえ、今回はちょっと疲れ過ぎた。

トレーニングの帰り道、ドバイ市内


  


Posted by Tim  at 19:31Comments(0)

2009年01月12日

イラク潜入2

砂漠。。。。
とはいえ、開発が結構始まっていた。


市内で紙幣を両替に行ったが、もちろん銀行云々でおこなわず、街中で見つけた為替交換業者にお願いする。
Euro、米ドル、各国の紙幣を札束状態で持ち歩いている。




新聞を読むとデザートタイガーを着たイラク兵の写真を発見!
英軍の連中で着ているのは結構見たが、イラク兵で着ているのは初めて見た。
でも、どうせタイガーストライプ社のオリジナルでなく、どっかのコピー品なだろうな。。。
  


Posted by Tim  at 18:27Comments(0)

2009年01月12日

イラク国内 潜入

数か月前にイラクに入国。
入国で若干いろいろあったが、最終的に問題なく入国。

各国の経済人が集まるコンベンション会場では現地警察の警護専門チームを発見、AKを使用し、スコープ、フラッシュライト付けていた。
隊員ユニフォームはODのACUカット。




会場外には機銃装備のトラックが


宿泊ホテルにはPMCのオペレーターも数多くおり、皆5.11のパンツを履いてた。ホテルの警備は民兵らしき連中、3Cのカモをだらしなく着ていた。そして、かなり使い込んだAKを片手にノホホンとしていた、こんなんで誰か突入してきたら、一発でやられそうだ。。。
  


Posted by Tim  at 18:17Comments(0)

< 2017年06月 >
S M T W T F S
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カテゴリ
最近のコメント
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 4人
プロフィール
Tim
Tim
QRコード
QRCODE
オーナーへメッセージ